ビスクドールの作り方

ビスクドールの作り方

「ビスクドール」とは、19世紀にヨーロッパのブルジョア階級の人たちの間で流行した人形です。
「ビスク」とはフランス語で「2度焼き」という意味で、人形の頭部、場合によって手や全身の材質が2度焼きされた素焼きの磁器製だったことからビスクドールという呼び名になりました。
ビスクドール作成の工程は、まず手、足、顔の部分の「型取り」をします。
モールドという石膏型に液状粘土を流し込みます。
約1時間後に開き「焼成」します。
キルンという窯で700度で4時間ほど焼いた後、水の中で目のカットをし、目の大きさを整え、表面に傷一つ無いようにきれいに磨ぎます。
その後「しめ焼き」と呼ばれる本焼成をしますが、低温から徐々に1200度まで温度を上げ9〜10時間焼成します。
「絵付け」では、まつ毛と口、ほほ紅をつけます。
目にワックスを付けて仮留めし、パテで固定させます。
焼き上がった各パーツをゴムでジョイントし組み付けていきます。
衣装やアクセサリーの装飾をしてできあがりです。
本格的な技術を元に自分の手で作りたいという人たちのために、ビスクドール人形造りの教室もあり、キッドでの販売もあります。
また、作品紹介や作り方の工程を写真つきで丁寧に解説している本や、ホームページも閲覧することができます。
焼成用の窯などなかなか個人では用意できない人のためにもキッド制作は便利ですが、本格的に学びたい人たちのために教室の利用もよいでしょう。

関連ページ

ビスクドールとは
刺繍と聞くとなんだか難しそうに感じますが、最近では便利なグッズも増え、気軽に始められるようになりました。ここでは刺繍の手法やグッズを紹介しています。お子さんなどに作ってあげたいものですね。