ビスクドールとは

ビスクドールとは

「ビスクドール」とは、19世紀にヨーロッパのブルジョア階級の人たちの間で流行した人形です。
「ビスク」とはフランス語で「2度焼き」という意味で、人形の頭部、場合によって手や全身の材質が2度焼きされた素焼きの磁器製だったことからビスクドールという呼び名になりました。
ビスクドールが登場するまではロウ人形や洋服の宣伝用に作られたファッションドールが主でした。
人形職人の試行錯誤し、おがくずや粘土などをニカワや樹脂などで固めて手法で作られたコンポジションドールを経て、ビスクドールが誕生しました。
顔や手足を陶磁器で作ることで、暖かみと透明感のある健康的な肌を表現したことがこの時代の流行となりました。
チャイナドールは1840年から1880年の間に子供にも大人気で大量生産され、一般の子供用玩具としても広く販売され、19世紀末から20世紀始めには「ジュモー」「ブリュ」などフランスのビスクドール工房は黄金時代を迎えました。
しかし、このビスクドールの製作はきわめて職人的な高度な手仕事で、贅沢な材料を使用したためにその後に登場したゴム、セルロイドやビニール製のより廉価な人形の量産化に追いつくことができず、姿を消していきました。
その短い期間につくられたビスクドールは今でも人気が高く、中でもドイツ産の人形は「幻の人形」といわれ、骨董的価値、美術性、希少性に高値がついたり、現在でもコレクターの間で探し求められています。

関連ページ

ビスクドールの作り方
刺繍と聞くとなんだか難しそうに感じますが、最近では便利なグッズも増え、気軽に始められるようになりました。ここでは刺繍の手法やグッズを紹介しています。お子さんなどに作ってあげたいものですね。