ハワイアンキルトの作り方

ハワイアンキルトの作り方

ハワイアンキルトとは、一般的に幾何学模様のアップリケにウエイブしたもので、アップリケの回りからさざ波の2〜3mm幅に縫い目模様のあるものです。
1820年頃、西洋から上陸した宣教師の妻達が教え広めたものですが、木陰に干してあった白いシーツにレフアの木の葉が透けて見えて、その美しさをキルトに表したという言い伝えがあります。
当時は白い布地に色のついた布地を乗せて作られていましたが、現在では様々な組み合わせで作られています。
土台となる布はキルト芯を使います。
土台布に花や木などの形(モチーフ)を布を縫いつけますが、このときキルト芯と裏布も一緒に縫い合わせます。
このようにハワイアンキルトは、キルト芯を含めても最低3枚の布を1度に縫い合わせることになるので、素材は綿100%の適度に薄い生地が適しているようです。
縫い合わせの「ズレ」にも気をつけなければなりません。
ハワイアンキルトでは、モチーフのきわを縫って行く「落としキルト」、モチーフの中に模様を作る「モチーフ内キルト」そして外側を飾る「ウエーブキルティング」と、キルティングの作業の工程で違った呼び名がありますが、縫い方としては3つとも全く同じで、縫い目間隔が2〜3ミリとなっています。
ハワイアンキルトの特徴である「ウエーブ」は水面に花を落としたときに出来る波紋のような形にキルティングしていきます。
最後はバイヤステープをたてまつりで止めて仕上げます。

関連ページ

ハワイアンキルトとは?
刺繍と聞くとなんだか難しそうに感じますが、最近では便利なグッズも増え、気軽に始められるようになりました。ここでは刺繍の手法やグッズを紹介しています。お子さんなどに作ってあげたいものですね。