ハワイアンキルトとは?

ハワイアンキルトとは?

ハワイアンキルトは、一般的に幾何学模様のアップリケにウエイブしたもの(アップリケからさざなみのように出ている模様)が2〜3mm幅に縫いこまれたキルトです。
1820年頃西洋の宣教師がハワイに上陸した際、その妻達によって裁縫の技術を教えました。
洋服以外にも家の中で使うものを作るようになり、シーツに使われる布地に大きなデザインをアップリケしたものが「ハワイアンキルト」の誕生と言われています。
アメリカのパッチワークキルトのように余り生地を縫い合わせる手法とは違い、大きなモチーフをメインに布地をふんだんに使うのが特徴です。
パンの木やグァバ、やしの木やハイビスカス、プルメリアなどハワイに生息する植物を題材にしているものが多く、そのモチーフのひとつひとつに意味があると言われています。
ハワイ王朝の象徴とされる鳥の羽飾りがついたポールは「カヒリ」といい、ロイヤルカラーである赤と黄色のハワイアンキルトは今でも貴重で、ハワイアンキルトの代表的なデザインにもなっています。
また、ハワイアンキルトの作者が亡くなった時は、その人が作ったキルトは全て焼却しなければならないという伝統があります。
それはキルトに「マナ」(生命)が宿っているとされているからです。
本人が残して欲しいと約束していたもの以外はすべて焼却されるため、残っている古いハワイアンキルトはとても貴重で、ハワイの美術館で大切に展示されているところもあります。

関連ページ

ハワイアンキルトの作り方
刺繍と聞くとなんだか難しそうに感じますが、最近では便利なグッズも増え、気軽に始められるようになりました。ここでは刺繍の手法やグッズを紹介しています。お子さんなどに作ってあげたいものですね。