ハンダーガー刺繍について

ハンダーガー刺繍について

ハーダンガー刺繍は、16世紀にイタリアから発達したドロンワーク技法を独自に発展させたハーダンガー(ノルウェー西南海岸に面する地方名)を発祥の地とする刺繍技法です。
16世紀当時の女性達が身につけるエプロンやブラウスはもちろん、室内装飾としてリネン類にも、ハーダンガー刺繍が施されていました。
独自の刺繍技法であるハーダンガー刺繍は、織糸を布から抜いてかがり、透かし模様を作る技法、織糸を数え、刺すステッチで構成され、ステッチの種類の組み合わせで、自由で斬新な幾何学模様を作ることができます。
刺繍糸やステッチの組み合わせ、縫い目の大きさなどで、清楚にも豪華にも仕上げることができるのが、ハーダンガー刺繍です。
一見して、とても手が込んでおり、繊細で美しい刺繍だと思います。

 

 

ドロンワークとは
布地に様々なステッチをかけ、縦糸、横糸を抜き取る(部分的に)など、布地に刺繍で模様を描く技法の総称。
ヨーロッパには、4世紀後半に中央アジアより伝わる。
16世紀初頭にイタリアで技法が発達した。

 

 

ハーダンガー刺繍の教室
ハーダンガー刺繍の教室は、各地のカルチャーセンターでも人気教室となっている。
ハーダンガー刺繍についての本やキットも販売されているが、細かな作業や技法は迷うことも多い。
初めのうちは、教室などで先生に習い、ドイリーやティーマットなどの小さな作品でしっかりと基礎を学ぶのが上達の近道。

関連ページ

刺繍ミシンについて
刺繍と聞くとなんだか難しそうに感じますが、最近では便利なグッズも増え、気軽に始められるようになりました。ここでは刺繍の手法やグッズを紹介しています。お子さんなどに作ってあげたいものですね。
刺繍ワッペンについて
刺繍と聞くとなんだか難しそうに感じますが、最近では便利なグッズも増え、気軽に始められるようになりました。ここでは刺繍の手法やグッズを紹介しています。お子さんなどに作ってあげたいものですね。
ビーズ刺繍について
刺繍と聞くとなんだか難しそうに感じますが、最近では便利なグッズも増え、気軽に始められるようになりました。ここでは刺繍の手法やグッズを紹介しています。お子さんなどに作ってあげたいものですね。
刺繍キットを買ってみる?
刺繍と聞くとなんだか難しそうに感じますが、最近では便利なグッズも増え、気軽に始められるようになりました。ここでは刺繍の手法やグッズを紹介しています。お子さんなどに作ってあげたいものですね。
シュシュの作り方って?
刺繍と聞くとなんだか難しそうに感じますが、最近では便利なグッズも増え、気軽に始められるようになりました。ここでは刺繍の手法やグッズを紹介しています。お子さんなどに作ってあげたいものですね。